要点:日本の金沢工科大学は、高強度、高弾性、優れた導電性を備えた新しいタイプの炭素繊維複合材料を開発しました。この材料は、高い比強度や高い比弾性率などの機械的特性を必要とする自動車や航空機の部品や建築材料での使用が期待されています。

東京大学の研究チームは、世界で初めて、周期的な窒素原子が埋め込まれたナノチューブ(窒素ドープナノチューブ)の合成に成功しました。

東京工科大学の研究チームは、最高レベルの水素イオン伝導性を備えた新しい材料、燃料電池、水素センサーがさらに開発されることを発見しました。今回発見された新しいプロトン伝導体は、化学置換なしでより高いプロトン伝導性を示すため、以前の材料の安定性と均一性の問題はありません。

東北大学と東京大学の共同研究チームは、ハニカム格子にイリジウムイオンを配置した新しい酸化物Mn・CIr・COの人工超格子の合成に成功しました。この研究の結果は、量子スピン流体の材料資源開発会社に新しい方法を提供するだけでなく、薄膜サンプルを使用したシステム機能コンポーネントの開発charging locker

和瀬田大学と静岡大学は共同でカーボンナノチューブの新しい成長方法を開発し、世界最長の14cmのカーボンナノチューブバンドルを作ることに成功しました。

大阪大学は、環境保護と新エネルギーの観点から、日本食品化学株式会社と協力して、デンプンとセルロースを使用した高強度で耐水性の海洋生分解性プラスチックを開発しました。東京大学の研究チームは、ホウ素を触媒として使用することで、異なる重金属を使用せずに、室温で一酸化炭素を接続して炭化水素鎖(石油成分)を形成できることを発見しました。この発見は、二酸化炭素からの合成油が新たな進歩を遂げることが期待されることを意味します。

九州大学とナノメンブレンの共同研究により、ポリマー分離膜の性能を利用することで、多段膜分離技術により空気中の二酸化炭素を40%以上濃縮できることがわかりました。大気から二酸化炭素を回収するための分離膜の使用は、温室効果ガスを削減するための新しい道を開くでしょう。

イノベーションコネクション・日本の東京大学と米国のコロラド州立大学によって形成された国際研究チームは、2013年から2019年まで福島第一原子力発電所の南側の地下水から自然発生基準を超える濃度のトリチウム水を継続的に検出しました。 、平均濃度は約20Bq / Lです。原子力発電所周辺の地下水から、トリチウムを含む地下水が継続的に検出されたのはこれが初めての報告です。